本音で生きる   

2011年 05月 18日

本音で生きていけるうちは、
本音を大事にしろ。
自分のほんとうの気持ちを
押し通せるのが若さなら、
若さのあるうちは、
行けるところまでそれを押し通してみろ。
無理に悟ったようなことをしなくていい。
ものわかりのよすぎるオトナは信用できないが、
ものわかりのよすぎる若造は寂しいではないか...。

(あすなろ三三七拍子、重松清)
[PR]