何度でも起き上がればいいんです   

2011年 02月 13日

痛みはつらいものですが、
どこかが傷つき「痛い」と感じられるのは、
ある意味よいことかもしれません。
自分自身を反省し、
自分の慣れや傲慢さに気づかせてくれる、
イエローカードのようなもの。

しあわせばかりも、ふしあわせばかりも続きません。
ちゃんと喜びも悲しみも混ざりあった人生だから、
希望はあると思うんです。

転んでもいいんです。そこから起き上がればいいんです。
わたしのように自力で起き上がれなければ、
手を貸してくれる人もいます。
起き上がればいいんです。なんどでも、なんどでも。

わたしは人さまを起こせないけれど、
「がんばれ、もうちょっと、だいじょうぶ、ゆっくり」
って声をかけることはできます。
自分にできることで、みなさんを応援します。

こう書くことは自分に言い聞かせていることですが。。。
[PR]