あなたは護られているのです   

2011年 02月 08日

わたしは車いすなので、
おばあちゃん方は
交通事故の怪我を想像されるようです。
まさか胆石が原因の急性膵炎の
重症化とは思いませんよね。

腹痛は以前もあったのです。
多忙を極めていたわたしは、
みぞおちが痛くて、吐き気もあったのに、
疲れとしか思わず、正露丸を飲んで寝ていたら、
翌日(月曜)には痛みも消え、
仕事に行け、すっかり忘れていたのです。

それなのに、クリニックでなぜ
「胆石があります」と口走ったのか?
熱もあり、意識がもうろうとしていたので、
お医者さんが「胆石」という言葉を
口にされたのかどうかも記憶にないんです。
だから、運命って不思議だと思うんですね。
神さまがわたしに「胆石」という言葉を
口にさせたとしか思えません。

なぜなら、最初の腹痛のとき
「胆石」とは思いもしなかったからです。
そうして、68日間眠り続けていたとき、
いつも夢を見ていて、
いまだに忘れていないこと。
そこにはお世話になった人が
すべて出てきていたことなど
不思議な夢でした。
夢を見続けていたから
助かったと思えてなりません。

目に見えないもの、たくさんあります。
みなさんもおありでしょう?
何かに護ってもらっているんだと
お感じになることが。

そうなんです。
それはあなたのことを、思っている人が
あなたが知らないだけで、
この世に存在しているということです。
あなたを愛している人がいるのです。
わたしは、その不思議を感じると、
とつぜん涙が出ます。

心の深いところで感謝しているんですね。
そのお礼は「ありがとう」の言葉で、
そぅっとお返ししていますけどね。



人気ブログランキングへ


058.gif
ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
あなた様には何の金銭も発生しません。
(毎日50人がクリックしてくれたら、4食分の栄養食が)

★せつめい★
リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
1円の募金がはじめて完了です。
ご協力ありがとうございました。





[PR]